求人広告掲載のお申し込み

ビジネスの第一歩。
ビジネスで違いの出る話し方講座

敬称と敬語

社内と社外では区別を。誤用、乱用は相手に失礼だ。ビジネス社会では人を呼ぶときには必ず"敬称"をつけるのが原則。しかし、役職名にはそれだけで敬称になる、など敬称の使い方は案外むずかしい。これができれば一人前だ。

敬称にもルールがある

学生時代には自分のことを「ぼく」「や「おれ」「あたし」と言い、相手を「きみ」「おまえ」と呼べばよかったし、仲間同士で名前を呼び捨てにしたり、愛称で呼んだりすることも許されていた。

しかし、ビジネス社会では、人を呼ぶときは敬称をつけるのが原則である。

人の呼び方も、社内での呼び方と対外的な呼び方とでは違うので、内と外との区別をしっかりつけて、正しい呼び方をしなければならない。

社内でー「部長さん」は避ける

社内の人間には役職付きの人とそうでない人がいる。役職付きの人は「社長」「部長」というようにその役職名で呼べばよい。もし近くに「部長」が二人以上いるときには、「山田部長」というように役職名の上に名前をつけて呼び、区別しよう。

ここで重要なことは、役職名はそれ自体が敬称だということである。したがって「部長」あるいは「山田部長」と言えば、敬称は充分に表される。「山田部長さん」という言い方は敬称を二つもつけており、必要がないばかりか、こびてさえ聞こえるので避けるべきである。

社内でー役職者以外は「さん」づけ

役職付きでない人は全員「さん」づけで呼ぶ。たとえあなたの同僚であっても、会社はプライベートな場所ではない。呼び捨てや愛称で呼ぶのは禁物である。

ところで最近は年功序列の秩序が以前ほど強固ではなくなってきており、また、「社長」「部長」などの役職名を用いない会社も増えている。全員を「さん」づけで呼ぶというケースもあるので、それぞれの会社の方針に従うようにしよう。

社外でー自社の人間は全員呼び捨て

対外的には、自社の人間は社長以下の全員を呼び捨てにする。

新入社員の場合は社内で緊張して「山田部長」「海野課長」と呼んでいるので、外部に対して「山田は...」「海野は...」と呼び捨てにすることに、とまどいを覚えることもあるだろう。

しかし、対外的には身内の者に尊敬語や敬称を使わない、というのが敬語の重要なポイントである。

得意先に対しては、自社の田中社長のことを「私どもの社長の田中は...」という言い方をしなければならない。

他社の人はー役職名か「さん」づけ

他社の役職付きの人は「山田部長」「森課長」のように呼ぶ。この場合も「山田部長さん」という呼び方はしない。二重敬語になるからだ。

また、役職付きでない人は「様」または「さん」をつけて呼ぶ。

「お」と「ご」のタブー

言葉の頭に「お」や「ご」をつけるとていねいな言い方になり、敬意を表すことができる、この接頭語は、相手の所有物(お荷物)、動作(お帰り)、状態(お元気)などにつけるのが原則である。しかし、接頭語を多く使えば、それだけで深い敬意を表せるというものではもちろんない。

乱用は逆効果である

接頭語でもっとも注意しなければならないのは、むしろ、乱用、連発を避けるということだ。

たとえば「おコーヒー」「おビール」などのように外来語には接頭語をつけるべきではない。

また、「部長、おカバンをお持ちいたしましょうか」と言えば、「おカバン」「お持ち」と「お」を連発することになり、表現としてしつこい。「カバンをお持ちいたしましょうか」と言うほうがすっきりしていて、敬意も充分伝わる。

きちんと身につけたい応対用語

受付や電話応対の場面で、日常的に要求される言い回しがある。相手に再度の電話を依頼したり、先方の要求を断ったり、品物の納期が遅れたことのお詫びを述べるなど、それぞれのケースにふさわしい言葉づかいをしっかり身につけよう。

  • 電話をしてください→お電話をお願いできますか
  • ちょっと待ってください→少々お待ちください
  • できません→いたしかねます
  • わかりません→わかりかねます
  • 知りません→存じません
  • ありません→ございません
  • すみません→申し訳ございません
  • 何ですか→どのようなご用件でしょうか

基本的な応対用語の使い方は、あなたとあなたの会社の印象を決定づけるほど大切なものである。相手に好ましい印象を与えるために、ていねいな用語の使い方を覚える必要がある。

「いらっしゃる」を使いこなそう

「いらっしゃる」という尊敬語は「行く」「来る」「いる(存在)」「ある(状態)」の意味すべてに使うことができる。したがって、この言葉を完全にマスターすれば、敬語の誤用も防げるし、敬語に対するあなたの自信にもつながる。

  • 行く→部長は会議室へいらっしゃいました
  • 来る→A商事の田中部長がいらっしゃいました
  • いる(存在)→社長はただいま応接室にいらっしゃいます
  • ある(状態)→専務は聡明なかたでいらっしゃいます

ただし「いらっしゃる」で注意しなければならないのは、この言葉は、人の動作や状態について使う言葉である。「ビールはいかがでいらっしゃいますか」とか「立派なお住まいでいらっしゃいますね」というように、物については決して使わないこと。

前者は「ビールは召し上がりますか」、後者は「立派なお住まいですね」と言うのが正しい。